本文へスキップ

この作品が本にならないのはおかしい!という知られざる名作をぞくぞく出版していく出版社です。

刊行物リスト


石廊崎 堂ヶ島 万博船の殺人 殺意の三鎖環

 

数量
石廊崎 堂ヶ島 万博船の殺人 殺意の三鎖環

若桜木虔
                                2300円[税別]

大好評、新井旅館シリーズの本格ミステリー。
 344ページ

はしがき
石廊崎 堂ヶ島 万博船の殺人
序章 石廊崎に浮いた絞殺死体
第一章 死者は愛逢岬から松崎へ
第二章 ハンバーガー店の監視カメラ
第三章 美人探偵コンビ乗り出す
第四章 美女が三人で文殊の知恵
第五章 奈津美と南、能登へ飛ぶ
第六章 能登から房総へ暴走捜査
第七章 鍵を握る三宅島の同名異人
第八章 事件の鍵は結婚式にあり
第九章 被害者こそ最大の加害者
終章 全容は解明された

殺意の三鎖環
第一章 動く密室・消えた死体
第二章 陽気な殺意・アリバイ工作
第三章 白い密室・第二の死体
第四章 冬の別荘地・第一の死体
第五章 鉄壁・美貌の重要参考人
第六章 第一の接点・二つのアリバイ
第七章 第二の接点・第三の死体
第八章 重要参考人の反撃・狼狽
第九章 意外な新事実・迷走する推理
第十章 解けた雪密室・容疑者の逆転
第十一章 解けた動く密室・容疑者の告白
第十二章 崩れたアリバイ・エリートの転落

 

 若桜木虔(ワカサキ ケン)

1947年、静岡県生。東京大学大学院生物系博士課程修了。
『新本陣殺人事件』(矢島誠氏との共著)が2001年《週刊文春ベスト・ミステリー》第5位に、『修善寺・紅葉の誘拐ライン』が、2004年《週刊文春ベスト・ミステリー》第9位にランクイン。
その他『W殺人の謎』『みちのく殺人街道女優は死の香り』『寝台特急《出雲》大井川の殺人交差』などの著書がある。日本推理作家協会員。

藤野まり子(フジノ マリコ)

神奈川県逗子市生まれ。高校中退後、大検取得。早稲田大学、同大学院修了。塾講師の傍ら、バイク雑誌のライターとして活動中。2011年より若桜木虔メール通信講座を受講。第60回江戸川乱歩賞二次選考通過。第十回日本ラブストーリー&エンターテインメント大賞最終候補。










HP内検索エンジン help