本文へスキップ

この作品が本にならないのはおかしい!という知られざる名作をぞくぞく出版していく出版社です。

刊行物リスト


十六夜忍者 宮本武蔵

 

数量
十六夜忍者 宮本武蔵

若桜木虔・平茂寛
                                2,300円[税別]
 422p
第一章  十六夜武蔵、宇喜多秀家を警護して関ケ原を脱す
第二章  武蔵、島津義弘と宇喜多秀家の内意を得て暗躍す
第三章  徳川家康、事の真相を疑い、服部半蔵を走らせる
第四章  金吾中納言・小早川秀秋、鷹狩りの最中に悶死す
第五章  十六夜武蔵、失意の宇喜多秀家から新指示を受く
第六章  京郊外蓮台寺野の決闘、武蔵は吉岡清十郎を斃す
第七章  武蔵は作戦方針を大転換し、奈良宝蔵院に向かう
第八章  出雲松江の地で、武蔵は徳川方の忍び衆を邀撃す
第九章  武蔵、九度山に幸村を訪ね、佐助、才蔵らと会う
第十章  二人の武蔵、いよいよ出府し、江戸柳生と対決す
第十一章 宮本武蔵、服部半蔵正就を狡猾無比な罠に掛ける
第十二章 武蔵、伏見で越前中納言結城秀康を狙い、暗殺す
第十三章 武蔵、伊奈半左衛門忠次と本多平八郎忠勝を狙う
第十四章 新進気鋭の忍者・佐々木小次郎の影が見え隠れす
第十五章 最後の標的、大久保石見守長安を杖突峠に暗殺す
解説   平茂 寛(第三回朝日時代小説大賞受賞)
 

 武蔵が十六人――この十六人がチームとなって行動する。

 しかも全員が忍者だという。この設定には、誰しも度肝を抜かれる。
 宮本武蔵複数人物説は実際にあるが、これまでの複数説には共通する考え方があった。
 武芸や絵画など、それぞれの武蔵が特技を発揮していたところ、同じ名前であったがゆえに一人格と捉えられ、スーパーマン宮本武蔵が誕生したとするものだ。

 だが、今回の『十六夜忍者 宮本武蔵』には、これまでの複数説とは決定的に異なる点がある。
 それは、初めから複数の武蔵が組織され、意識を統一して活動したという点である。
 その意味では、これまでとは一線を画す作品と考えたほうがよいかもしれない。
 名前も同じであれば、外見も非常によく似ている。

 いずれも忍者となる修行をして、身体能力、忍術のスキルとも揃った者ばかり。
 こんな連中が十六人も集まって組織的に行動したからこそ、超人的な戦いができたわけだ。


若桜木虔(わかさき・けん)

1947年、静岡県生まれ。東京大学大学院生物系博士課程修了。
主著に『もしも戦国武将があなたの会社の社長になったら』
『将軍位を盗んだ男 吉宗の正体』『誰も書かなかった江戸町奉行所の謎』『時代小説家になる秘伝』
『忍術忠臣蔵』『真田幸村の鬼謀』『上杉謙信の野望』など。
日本推理作家協会員。

平茂寛(ひらしげ・ひろし)
2011年、『隈取絵師・鍬形恵斎』で朝日新聞出版主催の公募文学賞、第3回『朝日時
代小説大賞』を受賞。
著書に『悪采師』『暴れ茶人無頼剣』がある。
 
)。
星評価なしはカウントしません。










HP内検索エンジン help