本文へスキップ

この作品が本にならないのはおかしい!という知られざる名作をぞくぞく出版していく出版社です。

随筆・歌集・自伝リスト


路傍・舞台

 
数量
路傍・舞台

音森れん
                                1,200円[税別]
歌人・音森れんが描く珠玉の歌

霧の中 たぐり寄せれば 古きもの
石で叩けど 砕けず煙る
歌人・音森れんが描く、珠玉の歌の数々
 76頁
第一部   路傍
第二部   舞台

著者・音森れん(オトモリレン)
昭和18年10月23日高知県生まれ。昭和37年県立高知小津高等学校卒業。平成6年頃より、覆面書評家「狐」氏と職場を同じにし、半年ほど詩作を学ぶ。
平成14年5月、短歌集『路傍』を発表。平成15年1月、文芸同人誌《婦人文芸の会》入会。『砂地、影絵、かげろう、シナリオ、幻の家族』等の短編を発表。平成24年現在、読売カルチャーセンター町田にて、若桜木虔「新人賞を取る講座」勉強中。

 

著者の声・第十一回、音森れんさん
 
)。
星評価なしはカウントしません。
 










HP内検索エンジン help