本文へスキップ

この作品が本にならないのはおかしい!という知られざる名作をぞくぞく出版していく出版社です。

刊行物リスト


殺人者は夜明けに笑う

 
数量
殺人者は夜明けに笑う

香川由美
                                2,300円[税別]
映画は舞台裏が断然面白い!

第1回アガサ・クリスティー賞で予選を通過(ベスト14)した傑作ミステリー。
ハリウッド映画界を舞台に、アガサ・クリスティーの傑作『そして誰もいなくなった』の撮影
の内幕秘史を描く。
 451頁
  第一章  十人殺せ
第二章  日陰の孫娘
第三章  顔見せの席で
第四章  二人の女優
第五章  ヴェラ交代劇
第六章  クランクイン
第七章  殺人のフーガ
第八章  イエロー・ペーパー
第九章  傲慢な女たち
第十章  ヴィンセント岬灯台
第十一章  開かない窓
第十二章  代役に次ぐ代役
第十三章  関係変化
 



著者・香川由美(カガワユミ)

東京都東久留米市市生。日本女子大学中退。
英日西翻訳家として別名で活動。ハリウッド映画オタクで、特に無声映画、モノクロ映画を
こよなく愛する。
若桜木虔氏の小説家養成講座にて小説を勉強中。


著者の声・第三回『殺人者は夜明けに笑う』の香川由美さんの声










HP内検索エンジン help